ソーシャルレンディング、FX、タイ定期預金で3000万円運用中

ペナン島(ジョージタウン)移住考察 〜歴史・グルメ・ビーチリゾートの街〜

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
時間や場所、世間体にとらわれない人生を目指すゆとり世代です。目標は資産運用益とブログからの収入だけで生計を立て、タイでのんびり暮らすこと。現在ソーシャルレンディング、FX、タイ定期預金で3000万円運用中。
詳しいプロフィールはこちら

東洋の真珠「ペナン島」

こんにちは!ペナン島移住を目論んでいるちもりです。

プロフィールにはタイ移住したい!って書いてありますが、実際は東南アジアだったらどこでも良いのが正直なところです!

これから東南アジアの色々な都市を「日本人が移住する」という観点から考察していこうと思ってます。

初回は「東洋の真珠」こと、マレーシアのペナン島です。

東南アジアへの移住や中長期滞在を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ペナン島ってどんなところ?

マレー半島の西側(アンダマン海)に位置する島、ペナン島。マレー語ではPulau Pinang、英語ではPenang Islandと表記します。

ペナン島ってどこにあるの? はい。この地図の赤いピンが立っているところがペナン島です。クアラルンプールからは飛行機で1時間ほどバスでは5時間ほどで行くことができます。対岸の街のバタワースからは大きな橋がかかっており、陸路で行くことができます。また、ペナンの空港からは国際便も飛んでおり、シンガポールなどの近隣諸国へも直行便で行くことができます。便利ですね。

では早速ではありますが私がペナン島が移住するのに良いな、と思う理由書いていきます。

ざっくりとこんな感じです。

1.州都「ジョージタウン」は街全体が世界遺産で、質の高い観光客が多い
2.食べ物が美味しく安価
3.ビーチリゾートも充実
4.治安が良い
5.教育環境が良い

それぞれを詳しく解説していきます。

州都「ジョージタウン」は街全体が世界遺産で、質の高い観光客が多い


日本もそうですが、ここ東南アジアでも主要都市ってどこに行っても中心部は観光客が多いんですよね。

例えば日本でも福岡、京都、大阪、札幌とかかなり観光地としても人気じゃないですか。

日本でも中国人観光客のマナーが…とか色々問題になっているのと同じように東南アジアでも観光客増加による様々な弊害があります。

例えばタイのパタヤ。ここはもう「中国人のマナーが悪い」とかいうレベルの問題ではなく、「不良外国人の定着」や「薬物乱用の拡大」など結構深刻なレベル。

ただ、ここペナン島ではそういった問題はありません。やはりイスラム教国ということもあり、ペナン島でも風俗街やクラブ街はほとんどなく、街全体が非常に健全なのです。お洒落なバーが並ぶ通りはありますが、どれも「オネーチャン」のいない健全なお店です。

なので、ペナン島を訪れる観光客も「どんちゃん騒ぎする輩たち」ではなく、純粋にビーチリゾートや歴史を楽しみに来た人たちがほとんどです。

これは特にお子さんのいる方にとってはけっこう重要だと思います。教育や治安の観点から見て。

私も将来子供ができたらジョージタウンに住みたいなぁ…と考えています!

食べ物が美味しく安価

ペナン島はグルメの街でもあります。特に屋台飯!!の中華料理!!

マジでうまいです。味付けは甘いのが多いですね。辛い食べ物はあんまりないです。そして安い。

上の写真がスライドショーになっているので一通り見てください。

これを見て「旨そう!」となった人はペナン島移住向いていると思います。

逆に「え..なんやこれ..」ってなった方は…大丈夫です。ペナン島にも韓国料理、日本料理、洋食のレストランが充実しています!ご心配なく。

ビーチリゾートも充実

ペナン島はビーチリゾートも充実しています。有名どころではバトゥ・フェリンギ。ジョージタウンから車で15分くらいです。

ただ、海の透明度はイマイチなんです。上の写真を見てもわかるかと思いますが、普通に沖縄の方が綺麗です。

でもやっぱり「南国の雰囲気」はありますよね。白い砂浜にヤシの木。

お世辞にも綺麗とは言えない関東の海を見て育って来た僕的にはこれでも十分南国気分を味わえます!

また、どうしても透明度の高い海に行きたい、という場合はランカウイ島に行くといいでしょう。

ジョージタウンから高速フェリーで2時間ほどで行きます!

治安が良い

ペナン島は治安も良いです(ただの僕の感想)。

僕は過去に6ヶ月間クアラルプールに住んでいたのですが、クアラルプールに比べても治安が良いように感じます。

やっぱり歓楽街が無いというのが大きいのでしょうか。

感覚的な話ですんません…

教育環境が良い

ペナン島はインターナショナルスクールも複数校あり、教育環境が整っています。

中でも人気校なのがアップランズ校です。

イギリス式のカリキュラムを導入しており、待ちが出るほどの人気ぶりです。

また、中華系の学校に通わせるのもオススメです。欧米系の学校よりも学費が安く、さらに英語に加え中国語も習得できます。

お子さんが小さい時に移住した場合なら、日本語、英語、中国語の3ヶ国語をマスターさせるのも難しくありません。

実際、中華系マレーシア人には中国語(広東語、北京語)、英語、マレー語の3ヶ国語が話せる人が沢山います。

これは多民族国家ならではの恩恵と言えますね!

で、どうやったらペナン島に移住できるんや??


これは「移住パターン」によって変わってきます!

まずは考えられるパターンを見てみましょう。

1. 3ヶ月未満の短期滞在パターン (例:冬の間だけペナン島滞在!)
2. ペナン島で就職する!パターン
3. 投資/年金で骨を埋めるパターン

3ヶ月未満の短期滞在パターン

例えば、寒い12月〜2月の3ヶ月間をペナン島で過ごす、みたいな。

これは主に、あくまで日本がベースの投資家、フリーランスの方にオススメなパターンですね。

僕みたいなソーシャルレンディング投資してる人とか、クラウドテックあたりで仕事を貰っているフリーランスの人とか。

このパターンであればビザを申請する必要はありません。日本人はビザ無し(パスポートだけ)で3ヶ月マレーシアに滞在できるためです。

なので、とりあえずお金とパスポートと服さえ持っていけば大丈夫。

また、このパターンであれば日本に籍を置いたままで大丈夫ですので、日本でお持ちの証券口座やらを閉鎖する必要が無いのもメリットです。

日本の証券口座やFX口座って、住民票を外しての海外移住だと解約しなくちゃいけないんですよ。僕がやっているソーシャルレンディングも同じです。

ですので、そういった感じで収入を得ている方には結構メリットがある移住?パターンだと思います。

ペナン島で就職する!パターン

僕がたまに見てるマレーシアの求人サイトがカモメアジアです。

ネットで検索すれば他にもマレーシアの日本人向けの求人を探すことができます。

このパターンでは労働ビザでマレーシアに滞在することになりますね。詳しくは求人を出している企業に問い合わせてみましょう!

あと、やっぱり英語はある程度できた方が仕事は見つけやすいです。英語力に不安のある方はあらかじめ勉強しておくことをオススメします。

例えば、オンライ英会話のフィリピン英会話ネット(PEN)とか。

もしくは、フィリピン政府公式認定 語学学校NILSで短期語学留学なんかもありですね。スピーディーに英語を上達できます。

投資/年金で骨を埋めるパターン

不労所得or年金だけで生計を立てて移住するパターンです。

これはある程度資金に余裕のある年金生活者や投資家にオススメのパターンです。目安としては金融資産3000万円〜、不労所得月額30万円〜が目安かな、と思います。

この金額には一応根拠はあります。それが、長期滞在者用の「MM2Hビザ」の存在です。

これはマレーシアに10年滞在できるビザで、取得にはRM10,000(27万円)の月収と、50歳未満でRM500,000(約1400万円)、50歳以上でRM350,000(約950万円)の金融資産がある必要があります。ちなみに、これらは夫婦で合算することができます。

また、ビザ取得後は50歳未満の人はRM300,000(800万円)を、50歳以上の人はRM150,000(400万円)をマレーシアの銀行で定期預金を組む必要があります。

投資や年金だけでマレーシアに住むにはこのビザを取得するのが最も現実的と言えます。

この取得条件に満たないという方は、マレーシアで就職(労働ビザ)するか、マレーシア人と結婚(配偶者ビザ)する必要がありますね。

もしくは語学学校に通って学生ビザを取るか。実はこの学生ビザパターンの人も沢山います

まとめ

と、ペナン島移住について書いてみました。

ちなみに、僕は「ビザ無しの3ヶ月未満の滞在」を考えています。

ベースはバンコクで、たまにペナン島での滞在も楽しむ、みたいな。

こうやって移住について考えるのって楽しいですよね〜。

この記事を書いている人 - WRITER -
時間や場所、世間体にとらわれない人生を目指すゆとり世代です。目標は資産運用益とブログからの収入だけで生計を立て、タイでのんびり暮らすこと。現在ソーシャルレンディング、FX、タイ定期預金で3000万円運用中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク