ソーシャルレンディング、FX、タイ定期預金で3000万円運用中

【2019年版】南アランド・円取扱業者 売りスワップ比較 ランキング (ZAR/JPY)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
時間や場所、世間体にとらわれない人生を目指すゆとり世代です。目標は資産運用益とブログからの収入だけで生計を立て、タイでのんびり暮らすこと。現在ソーシャルレンディング、FX、タイ定期預金で3000万円運用中。
詳しいプロフィールはこちら

どうも。ランド・円スワップさや取り投資で資産運用中のちもりです。

このページでは南アフリカランド取引業者の「売り(ショート/S)」のスワップポイントの比較をし、おすすめの業者をランキング形式で紹介します。

FXで唯一と言って良いほど安定的に収益をあげられる「ランド・円スワップさや取り(アービトラージ)投資法」。

肝は「業者間のスワップポイント差」にあります。

ランド・円を買いスワップの高い業者で買い、売りスワップの少ない業者で売ります。

時期によって異なりますが業者間のスワップ差は30円〜70円(10万通貨当たり)ほど。

レバレッジにもよりますが利回りは3%〜7%を目指すことができます。

ランド売りスワップ 上位8社で比較

*10万通貨取引時の値です

(2019年11月14日調査)

業者 売りスワップ スプレッド
DMM FX -110円 1.0銭
外為ジャパン -110円 1.0銭
GMOクリック証券 FXネオ -100円 1.0銭
セントラル短資FX -100円 0.9銭
LIGHT FX(トレイダーズ証券) -120円 0.9銭
みんなのFX(トレイダーズ証券) -120円 0.9銭
GMOクリック証券【くりっく365】 -127円 0.92銭
SBI FXトレード -120円 0.8銭

*1位の数字に色をつけています。

最近のスワップ差は40円前後となっているので1銭のスプレッド分の赤字を埋めるのに約1ヶ月掛かります。(10万通貨の1銭は1,000円に相当。1日のスワップ差40円×30日で1,200円)

業者選択の際はスワップの額だけを見るのではなく、スプレッドも見るようにしましょう。

例えば間違えてスプレッド14.9銭のライブスター証券でランド・円さや取りを初めてしまったら… 赤字分を埋めるのに1年以上掛かってしまいます。

2019年11月14日調査

GMOクリック証券FXネオとセントラル短資が-100円でトップタイ。

安定性を考えると現状ではGMOクリック証券FXネオがベストの選択。

過去の実績も踏まえるとDMMも悪くない。

2019年11月1日調査

GMOクリック証券FXネオが -120円 → -110円 と良化で首位に返り咲き。

その他業者は120円ほどで横並び。セントラル短資が10月中に一時-100円になりましたが今は再び-120円。

2019年10月3日調査

GMOくりっく証券FXネオが-110円 → -120円と悪化。

それ以外の業者は変化無しでした。

2019年9月14日調査

くりっく365が-124円→-132円となりました。それ以外は前回から変化なしです。

2019年9月4日調査

GMOクリック証券(FXネオ)が−110円に上がりました。DMM、外為ジャパン、GMOクリック証券 FXネオの3社がトップタイです。

セントラル短資は4月頃の勢いはどこに行ってしまったのでしょうか?

2019年8月26日調査

GMOクリック証券(FXネオ)が-100円で単独トップとなっています。

続いてDMM FXと外為ジャパンが-110円で2位タイにつけています。この上位3社の順位はよく入れ替わるので、どの業者で取引しても大きな違いは出ないでしょう。

セントラル短資は3月から5月くらいまで「-80円」と一時単独トップに躍り出ましたが今は落ち着いて-120円となっています。

さらに詳しい情報はこちらのページにて解説。「ランド・円さや取りについてもっと知りたい!」という方は是非こちらのページをご覧ください。

「ランド・円さや取りのこれまでの運用実績」を公開しております。こちらのカテゴリーページからご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
時間や場所、世間体にとらわれない人生を目指すゆとり世代です。目標は資産運用益とブログからの収入だけで生計を立て、タイでのんびり暮らすこと。現在ソーシャルレンディング、FX、タイ定期預金で3000万円運用中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク